Project

General

Profile

 

Also available in: PDF

growiのバージョンアップ手順。

概要

Wikiツールとして有効に利用しているgrowi。そのバージョンアップ方法のメモです。

※これは、単にgitのみの手順です。他にシステム要件(他のミドルウェアのバージョンアップなど)がある場合は、それも合わせて実施することを注記いたします。

前提

  • 既にgrowiをインストールしていること。
  • systemdによってサービス化されていること。
  • 最新版がリリースされていることを以下のサイトで確認していること。

手順

さっくりとした手順

  1. growiのサービスを停止します。
  2. gitコマンドで最新版を引っ張ります。
  3. アップグレードを行います。
  4. growiのサービスを再開します。
  5. アップグレードされたことを確認します。

growiサービスを停止します

systemctl status growi.service
# サービススクリプトを[growi]にしている場合
# active (running)を確認します

sudo systemctl stop growi.service

systemctl status growi.service
# inactive (dead)を確認します

growiディレクトリに移動します

cd /opt/growi
# 自分の環境に合わせます。

最新版がリリースされていることを確認します。

sudo git fetch --tags

sudo git tag -l
# スペースで確認していき、上記リリースサイトと同じバージョンがあることを確認します
# 2023/01/26 現在でv6.0.4

チェックアウトとインストールを行います。

sudo git stash

sudo git checkout 【バージョン】

sudo yarn
# マシンスペックによっては相当時間がかかります
# Done in 【時間】と書かれていたらアップグレード完了です

growiサービスを起動します。

systemctl status growi.service
# inactive (dead)を確認します

sudo systemctl start growi.service

systemctl status growi.service
# サービススクリプトを[growi]にしている場合
# active (running)を確認します

バージョンアップを確認します。

  1. ブラウザから設定したgrowiのドメイン/IPにアクセスします。
  2. 画面下部にあるバージョンがチェックアウトしたバージョンであることを確認します。
Go to top
Add picture from clipboard (Maximum size: 50 MB)